AT2シリーズエージングテストチャンバー

モデル: PW-AT2 series
T/T
FOB
WOOD
説明 仕様
使用する

材料の劣化を促進し、加熱前後の材料の引張力と伸びの変化を計算するために使用されます。 老化試験に使用される温度は通常70℃です。 一般的には70℃のエージングボックスに24時間入れておくと考えられており、これは自然環境6ヶ月分に相当します。

内箱-M: 40×40×45cm(タイプA)
内箱-L: (50×50×60cm(タイプB)
温度選択: 常温〜200℃または300℃
ブロワーモーター: 1/4 HP
ボリューム-M: 91×55×100cm
ボリューム-L: 100×65×114cm
重量-M: 87kg
重量-L: 90kg
電源-M: 1∮、AC220V、15A
電源-L: 1∮、AC220V、19.5A