カンチレバー衝撃試験

モデル: PW-3319D
T/T
FOB
WOOD
説明 仕様

使用する

この一連のデジタル衝撃試験機は、主に、硬質プラスチック、強化ナイロン、ガラス繊維強化プラスチック、セラミック、鋳造石、電気絶縁材料などの非金属材料の衝撃靭性を測定するために使用されます。 化学工業、科学研究機関、大学、品質検査部門にとって理想的な試験装置です。

特徴

1.このシリーズの衝撃試験機は、PLC制御を採用し、製品の制御精度と安定性を向上させ、摩擦や風の抵抗によるエネルギー損失を自動的に補正することができます。
2.この一連の衝撃試験機はすべて、LCD液晶ディスプレイを使用して試験結果を表示し、読み取り値をより視覚化し、操作を簡単かつ迅速にします。
この一連のカンチレバービーム衝撃試験機の主な技術パラメータは、IS0180、GB / T 1843、GB / T 2611、およびJB / T8761規格の要件に完全に準拠しています。


 
PW-3319-5.5シリーズ(衝撃振り子付き標準)PW3319-22シリーズ(衝撃振り子付き標準) PW-3319-5.5シリーズ(衝撃振り子付き標準)PW3319-22シリーズ(衝撃振り子付き標準)
衝突速度 3.5 m/s
振り子エネルギー 1J、2.75J、5.5J 11J、22J
ストライクセンター距離 322mm
振り子の角度 160°
ブレード半径 R=0.8±0.2mm
ブレードからジョーまでの距離 22±0.2mm
衝突角度 75°
振り子の空の衝撃エネルギー損失 1J:2%;2.75J、5.5J:1% 0.5