空気圧落下試験機

モデル: YL-6612
説明
使用する
空気圧落下試験機は、空気圧シリンダードライブとシングルウィング構造を採用しています。 狭いスペースでの操作・使用が可能です。 カートン、スーツケース、電化製品などの包装材料、電子製品、付属品の落下衝撃試験に適しています。空気圧落下試験機は、他の製品メーカーにとって不可欠な重要な試験機です。 落下試験を行います。試験結果により、輸送中の落下衝撃から製品の安全性を確保できます。
 
特徴

1.機械はシングルウィングの空気圧ドロップであり、スペースをとらず、手で元の位置に戻す必要はありません。
2.構造は非常に安定していて丈夫です。
3.モーターにはブレーキがあり、設定されたテスト高さに正確に調整できます。
4.トランスミッションはボールねじを使用しており、ボールねじはすばやく上下します。トランスミッションはボールねじを使用して使用効率を高めています。

テストの高さ 30〜130 CM調整可能、電気的上昇および下降、距離設定および目盛り表示、速度は約2000mm /分。
落下棚の寸法 27×47cm(W×D)標準製品、高さ30〜130 cm
落下棚の最大荷重 60kg
ベアリングベースエリア 85×95cm(W×D)
パッケージ化された最大の試験材料の寸法 80×80×80cm(菱形の線と80cmを超える菱形の角度を指定する必要があります)。
落下法 電動押しボタン式空気圧シリンダーが駆動し、電動押しボタン式空気圧シリンダーの位置。棚の初速度は自由落下よりも速くなければなりません。これにより、測定対象物が移動せずにクランプ角度で落下し、テスト精度が向上します。
電源 単相、220V、50または60HZ、8A
機械の寸法 85×150×230cm(W×D×H)
機械重量 450kg
アタッチメント ひし形の線とひし形の角度のクランプのセット。これにより、測定対象物を一定の角度で落下するように調整できます。