ZEISS T-SCAN HAWK 3じげん次元スキャナー

3DスキャナーT-SCANホークは持ち運び可能で正確であり、違いを生むように作られています。 プレインストールされたGOMInspectソフトウェアと組み合わせることで、タスクのすべてのステップに沿って支援する強力なソリューションです。 高品質の3Dデータのキャプチャから高品質の結果の提供まで:プロセスを簡素化するために作られています。 それはあなたのために作られました。
説明
ZEISS T-Scan Hawk3Dスキャナー
T-SCANホーク。構成は次のとおりです。
測定エリア:最大550mm×600mm
3つのスキャンモード:
赤色レーザーが交差し、最大0.05 mmの解像度(作動距離500 mm)
最大0.01mmの解像度の青色レーザーライン(作動距離180mm)
深いポケット用の赤いレーザーライン
センサーの寸法:約。 330 mm x 135 mm x 85 mm
重量:約1.2 kg
キャリブレーションパネル
反射ポイントマーカー(6 mm、3 mm)
センサーケーブル
電源
トランスポートケース
ISO10360に準拠したダンベルを使用して当サイトで実施された検収試験
トレーサビリティ検証付きの受入証明書


GOM Inspect Suite with Sensor Driver T-SCAN hawk
セットアップとキャリブレーション
ユーザーガイドによるキャリブレーション
測定データの取得とプロジェクト管理
測定モードの切り替えとセンサーでの露出時間の直接設定
センサーキャリブレーションの自動監視
グラフィックをサポートする参照ポイントの事前取得
センサー位置と3Dスキャンデータのオンライン表示
共通の座標系への連続変換
上下の接続
背景点を切り取る
重複しないポリゴンメッシュの自動計算とエクスポート
スキャンデータのエクスポート(例:G3D形式、STL形式)

GOM検査
点群、ポリゴンメッシュのインポート
一般的なCTボリュームデータの処理と視覚化
(例:VGI、VGL、PCR、EXV、REK、ネイティブ生データ)
ポリゴンメッシュの作成と処理
要素の構成:幾何学的要素、点、断面、曲線、表面、寸法
標準形式のCADデータのインポート:IGES、VDA、STEP、JT Open、STL、PLY
一般的な位置合わせ方法の適用
色付き偏差表現を使用したCADデータとの比較
ISOGPSおよびASMEY14.5に準拠したGD&Tの寸法と評価
レポートモジュール

support.gom.comによるオンラインサポート
GOMフォーラム
ソフトウェアとハ​​ードウェア、およびアプリケーション関連のワークフローに関するヒントとコツを提供するオンラインナレッジベース
操作とワークフローを説明するビデオチュートリアル

T-SCAN hawk引数リスト: